ぱんだちゃんのおうち学校もおすすめする Family Aroma 花HANAはこちら
ぱんだちゃんのおうち学校

【自主自粛中】お母さんとしての私ができること、お勉強のこと。

こんにちは。

ケアアロマセラピストで一姫二太郎の母、michikoです。
ぱんだちゃんのおうち学校で
先生もしていますよ。

いよいよ緊急事態宣言か
とか
学校どーなる?
お勉強遅れるんじゃないの?
差が開かない?
とか
色々ありますけど、
わりと、そこ、楽観的なわが家。

今、私がおかーさんとしてできること


・子どもを含め、家族や自分の体調に気を配ること。

・カリカリせず、家族が安心できるよう、笑顔でいること。

・子どもたちの生活習慣が崩れすぎないようにすること。

・学校の状況に関わらず、
 お勉強面での不安がないよう
サポートすること。

通常の家事以外で気を配るのは
この辺りかなあと
朝、子どもたちと散歩をしたり
ガーデニングという名の
プランター畑のお手入れをしたり

気分転換とメリハリに気をつけています。

むずかしいのがお勉強・・・

うちの子どもたちの現状

中2娘・・・塾(数学のみ)、英会話
小5息子・・・サッカー、体操教室、テニス、そろばん、英会話

という習い事状況。
ちなみに、ほとんどがもちろんストップ。

娘の塾は、オンラインで
双方向の授業をしてくれる予定です。

そろばんは、開催してくれているのですが、
参加自由だし、三密かなあと思い、
プリントだけいただいて、
テキストを注文して自宅で強制練習。

とはいえ、学校へ行かないと、本当にそれだけ。

しかも、今年は教科書改編期なので
新年度の教科書もわからない状態。

娘は、上記以外に
ぱんだちゃんのおうち学校
オリジナルメソッドの国語

ゆきえ校長によるスペシャルな個別授業&質疑
なによりも、
本人の気持ちがお勉強にむかいやすい。

のですが・・・

小学生男子という生き物

小5男子よ・・・

男の子をお持ちのお母さんなら
きっとわかってくれるはずと思うのですが

気分が乗らないとやらない。
そもそもじっとしていない。

これ、
高学年になってもそんなに変わらずです。

その一方で

サッカーや体操、スイミングなんかの
運動系から、
塾へと変わっていく子が増える年代。

うちの息子、長期休暇の春期講習
冬期講習なんかには入れてみましたが、
レギュラーの塾は

「行く時間ない。
そんなん行くんやったら、
スイミング復活したい」

はい。チーン。

塾へ行っている子は、
この間もオンラインで
お勉強してたりするんだけどね。

子どもというより、親が不安になりやすい


私、この休校期間で、

確実に、お勉強だったり、
体力だったりっていうのは

差が開いていくんだろうなと感じています。

もちろん、
ぴったりしっかり手をかけられるなら
それにこしたことはないのですが、
私自身、いくつかの仕事があり、
そんなにぴったりしっかりもできず

かといって、市販の問題集は
ありすぎて、どれにしたらよいのかわからず
そもそも、次の学習内容がわからないなか
何をさせたらいいのかもわからない。

しかも

michiko
michiko
質問されたら
答えられない可能性がある・・・

だから、ぱんしっくすを始めたわけです。


ゆきえ先生が、長年の経験から

「これは大事」
「ここが大事」
そう感じてきたことを
ぎゅぎゅっとまとめてくれたもの。

それも、学年別で、国語と算数が
1日分にまとめられていて、
わからないところを
きっちり解説してくれる動画もある!

さらに、ちょっと難しめの問題にトライできる
「ぱんぷらす」も選べる!

そして、なによりも

ゴールが決まっているから
子どもが取り組んでくれやすい!

これ、結構大事で
問題集やテキストで、
「ここまでね」
という風に伝えても、先が残っているから
しかも、最初の方であればあるほど
たくさん残っているから

「はあ〜」

と、なりやすいんです。

その点、ぱんしっくすは、片面で6枚。
しかも、ゆったりした作りなので

「問題ぎゅうぎゅう感ゼロ」

にも関わらず
ちゃんと底力をつけてくれます。

この問題、自信満々だったのに、間違っていたとわかり、 「いらない」と言った説明動画を「見る!」「見せてください!」にかえてきた息子・・・

もちろん、もっと難しいこと、応用を!
という場合には、
図形の特選問題だったり
暗算方法だったり、
バリエーションがあるんです。

ちょこっと、公開されている動画がこちら
これは、厳選問題の難しいクラスですよ。

私がゆきえ先生のぱんだメソッド大好きになった理由

それは

発達の凸凹にも
もちろん対応してくれる。

いろんな子どもがいます。
得手不得手があって、それは当たり前のこと

なんだけれど

なかなか、一般的なところでは
その対応って難しくて。

凸凹か、そうでないか、
のみで分けられちゃうのだけど

ぱんだちゃんのおうち学校では
凸凹にも個人差があるし、

そうでなくても個人差がある

というところを押さえてくれる

でね、決して

「お勉強が全て」

ではないんです。

お勉強は生きて行く上での一つのツール

そのツールを良い状態にするのに

それだけのために
そこにかかりっきりになるんじゃなくって

他のことも楽しんでほしい、経験してほしい

だから

お勉強なんかは、上手にやっていこう。

これが、
随所に込められているなあとおもいます。

おかげで、強制ではあったけど、
やるうちに乗り気になり、
辞書まで引き出した息子(笑)

ぱんしっくすは、
今なら1週間のお試しもあり!
(詳細はこちら

そして、なんといっても、

LINEでお申込み〜やりとり〜受講までできる

という

SNSはLINEくらいで・・・
というお母さんも多いので
これは、
本当に画期的ですよね。

そして、この、未曾有の休校期間
ぱんZOOMという相互オンラインもあり!
ホームページ上では、
週2回になっているかと思いますが

実は、毎日になりました!
(変更の可能性あり)

興味のある方は、こちらから
LINEに登録されると、無料でご相談できます。

友だち追加

 

ABOUT ME
アバター
michiko
1977年生まれ 大阪在住 ケアアロマセラピスト  一姫二太郎の小学生を育てつつ、ガッチガチのナチュラルライフではなく、できる範囲でゆるっと適度に、でも快適に楽しくをモットーに日々、試行錯誤しています。食べること、作ること、呑むことが大好き。