アロマ&ぱんだ

【生活アロマ】最近よく見かけるナチュラル系虫除け、知ってる?

こんにちは。ケアアロマセラピストで一姫二太郎の母、michikoです。
最近はぱんだちゃんのおうち学校でも先生をしています。

猛暑過ぎて、日中、蚊もあんまり見かけなかった昨年の夏・・・
ですが、気温が下がってきた秋口、しっかり彼らも活動を始めましたね。
そして、寒暖差の激しい今年、まだ5月だというのに、
「蚊に刺された!」
という声をよく聞きます。

今日は、最近よく質問される、ナチュラル系の虫除けについて
アロマセラピスト目線でご紹介していきますね。

そもそも香りで蚊はこなくなるのか。

これは、実体験としては「YES」
現実的な根拠は・・・というと
こちらも「YES」
アメリカのニューメキシコ大学が面白い発表をしています。
ニューメキシコ大学による蚊忌避剤テストの結果

日本でも昔から植物の力を借りていました。

みなさんご存知の蚊取り線香
除虫菊に含まれる天然ピレスロイドが蚊取り線香の始まりです。
現在市販されている蚊取り線香の大半が、合成ピレスロイド。

ピレスロイドは殺虫成分なので、少し強めではありますが、
植物が持っている香りの成分には「昆虫忌避作用」という作用もあるんです。
これは、植物がこの世界において、生き抜いていくためにもっている力。
良い香りで昆虫を引き寄せ、受粉するのも香りの成分。
昆虫にとって嫌な香りで、昆虫が近寄らないようにするのも同じことなんですね。

蚊が嫌いな香りとは?

数ある香りの中で、虫除け、特に、「蚊」避けに良いとされているのが
シトロネラール」「シトロネロール」という名前の芳香物質です。

シトロネラールとシトロネロールが多く含まれる精油

<ユーカリレモン (ユーカリシトリオドラ)>
シトロネラールが70~85%  シトロネロールが3~10%
<シトロネラ・ジャワ>
シトロネラールが35~45%、シトロネロールが5~15%
<シトロネラ>
シトロネラールが2~10%、シトロネロールが少し

この3つはよく似た名前で、香りも似ているのですが、実は違う種類なんですよ。
もう1つ似た香りの「レモングラス」も虫除けと言われるのですが、実は、レモングラスにはシトロネラールもシトロネロールも含まれていません。
(レモングラスにも蚊に対する忌避効果があったとのエビデンスも、出ているには出ています。)


よく似たはっぱだけど、これはシトロネラ。

シトロネラールとシトロネロールの違いは?

名前も香りもよく似ているので、ややこしいのですが、専門的な話をすると・・・
シトロネラールはテルペン系アルデヒド類
シトロネロールはモノテルペンアルコール類
分類が違い、特徴も違うんです。

シトロネラールは皮膚刺激が強めで、皮膚に吸収されやすい
シトロネロールは比較的安全

そのため、小さなお子さんに、ブレンドせずに使う場合は、シトロネラールが多めのユーカリレモンは、皮膚に直接つけるのではなく、衣類の目立たないところに。
シトロネロールが多めのシトロネラジャワは、お手製の虫除けスプレーなどにするといいですね。

私は、ユーカリレモンをベースにブレンドしたオイルを、子どもたちのデニムの裾や、帽子の裏、Tシャツの首の後ろ部分など、目立たないところ、シミになっても大丈夫なところにつけています。

市販のナチュラル系虫除けは?

虫除けスプレーは手作りすることもできますが、そのために色々な精油や材料を購入するのは・・・と言う場合に、最近増えている市販のナチュラル虫除けはいいですね。
ブレンドの割合がわかりませんが、私が実際に使ってよかったものと、原材料を見た限りで私がいいなあと思ったものはこちら。

私も好きなパーフェクトポーションのもの。
去年、うっかり虫除け忘れて出かけて、大慌てで買いました!
成分中のコウスイガヤはシトロネラ、メラレウカビリジフロラはニアウリです。
購入できるリアル店舗が多いところもポイント。

ラベンダー、ユーカリ、シトロネラというシンプルなブレンドですが、消臭・除菌もうたっているところが、キャンプなどでの使い勝手が良さそうで使ってみました。
香りも邪魔にならず、息子の運動靴とかにもかけてます(笑)

こちらはなかなか凝ったブレンド。使用されているエタノールも植物由来。
ラベルが可愛いのと、サイズが豊富なのも魅力です。

これは、シトロネラだけのシンプルなスプレーなのですが、エタノールを使っていないあたり、アルコールに弱い人でも使いやすいですね。このシリーズの天然蚊取り線香、愛用しています。今年はこれを試してみようかな。

体温の高い子どもや、汗かき男子はどうしても蚊に刺されやすいのですが、最近はディート不使用のこういった安心感のある虫除けが増えているので、ぜひ、お試しくださいね。

 

 

ABOUT ME
michiko
1977年生まれ 大阪在住 ケアアロマセラピスト  一姫二太郎の小学生を育てつつ、ガッチガチのナチュラルライフではなく、できる範囲でゆるっと適度に、でも快適に楽しくをモットーに日々、試行錯誤しています。食べること、作ること、呑むことが大好き。