PROFILE mother

michiko

1977年生まれ 神戸市生まれ北摂阪神間育ち 大阪在住
2006年12月に大阪で生まれた娘と
2009年  4月にアメリカ、カリフォルニア州で生まれた息子の一姫二太郎の母
子どもたちは、カリフォルニアでは2学年違い、日本では3学年違い。
実質は2歳4ヶ月差の姉弟。

子育てを楽しみつつ、旦那との時間も、自分の時間も、家族での時間も大切にしたい。
自分の心も家族の心も大切に、ガッチガチに頑張るのではなく、
適度に手を抜いて、「なかなかいいやん」な日々を送るべく、
トライ&エラーを繰り返す日々

口コミしたり、モニターをさせていただくものは、
一旦、「私」というフィルターを通して、
「嘘をつかなくてすむもの」しか、ご紹介していません。
自腹だろうが、提供していただいたものだろうが、
実際にしっかり試して、お伝えしています。
(だから、めっちゃオススメしたいときは、めっちゃしつこい)

娘のこと

娘は不妊治療を続けて、治療をあきらめてお休みをした時に授かりました。
初めて心臓が動くのを確認できた時の喜びは、忘れられません。
ツワリもなく、快適な妊婦生活でしたが、予定日を過ぎても出てこず、なんとか自然分娩だったものの、出産にはほぼ23時間かかり、後陣痛もひどくて、私はヘロヘロになりました・・・。
ちなみに、最初は、母乳の出が悪かったので、3ヶ月くらいまでは粉ミルクと混合で育てました。
可愛い可愛い姫ですが、2歳〜6歳までの「物心つく期間」をアメリカで育ったせいか、不思議ちゃん、自由人、天然という要素をたっぷりもっています。
目下、思春期の入り口。反抗期も始まり、子育て第2章に突入中。

娘の経歴
2009年8月 アメリカにて日系幼稚園のサマースクールに入園
2009年9月 別の日系幼稚園に正式に入園
2010年9月 現地のプライベートプリスクールに週2日入園(日系3日、現地校2日)
2011年6月 日系幼稚園卒園
2011年9月 現地のプライベートプリスクールに週5日で登園 土曜日は日本語学校
2012年6月 現地プリ修了
2012年9月 現地のパブリックキンダーに入学 日本語学校は継続
2013年1月 帰国後 日本の私立幼稚園に3学期の2ヶ月間だけ通う
2013年4月 日本の公立小学校に入学

習い事
ベビーマッサージ、ベビーサインに始まり、
バレエ、チア、ピアノ、幼児教室、かきかた、アート、空手、日本舞踊をアメリカで、日本帰国後は、幼児教室、スイミング、歌とダンスの教室、体操教室、英会話、そろばん、テニス、習字を習ってきました。
むいてないなと感じるものもあり、最終的にある程度までした(している)のはスイミング、英会話、そろばん、習字の4つです。

息子のこと

息子は、二人目不妊も考えて、ちょっと早めに・・・と思ったところ、思いがけずあっさり授かり(娘のときとはえらい違い)、あれよあれよと大きくなりました。まさかそんなにすぐに授かると思っていなかったので、当時は、某テレビ番組の素人レギュラーをしており、果たして続けられるかなあ、どうかなあと思っていた矢先、旦那の転勤が決まり、テレビのお仕事終了、息子の出産はアメリカで・・・となりました。
娘の出産のときの苦労を考え、アメリカは入院期間も短いし、せっかくなら痛くない方法で・・・と息子は、計画出産ではありませんが、無痛分娩で出産。
娘のときとは違い、母乳の出もよく、息子がフォーミュラ(液体ミルク)を嫌がったので、彼はいわゆる完全母乳で育ちました。

息子の経歴
2011年9月 日系幼稚園入園
2013年4月 日本の私立幼稚園入園
2016年4月 日本の公立小学校入学

習い事
幼児教室、英会話、かきかた、体操教室、スイミング、サッカー、そろばん
見事に体育に偏っております。
そして、彼はほぼ継続。なぜなら、本人がイヤというものは、体験すらも嫌がるから・・・

ご覧の通り・・・

わが家の子どもたちの通ってきた道は大きく違います。
日本生まれですが、物心つく頃を激動(?)の環境で育った娘、アメリカ生まれですが、のほほんと日本語環境で育ってきた息子。
学校の先生にも驚かれるキャラクターの違いですが、まあまあ、楽しいんじゃないかなと思っています。
そして、私自身は、娘の現地校時代は英語があまりわからないので、保護者としてはボランティア程度のことしかしていませんでした。
が、日本に帰国後、いきなりPTAの洗礼を受けました。

幼稚園では、クラス委員を1回、PTA執行部を書記として1回
小学校でも、クラス委員を1回、PTA執行部を副会長として1回

PTAもPTA活動も千差万別・十人十色
メリット、デメリット、要不要論含めブログで私の感じるところをご紹介したいと思っています。